毒親相談ボックス

【総括】毒親相談をしてみて思ったこと・感じたこと

「へえ~そんなことしてたんだ…変な人だなあ」

おそらくこの記事を今よんでいる人はこう思ったかと思います。

はい、私は2019年8月15日から4ヶ月に渡って

タチカワ
タチカワ
無料で毒親相談します!!

とのことでメールを募集していました。

※当記事をかいている時点ではまだ相談メールは募集中です。

(相談してみたい、と思った方は【こちら】

この記事では

▼毒親相談をしてみて思ったこと・感じたことについて

まとめています。

軽い気持ちで読んでください。

もし相談してみたかったけど遅かった!という人も読んでみてくださいね。

どのぐらい相談がきたのか

相談受付開始:2019年8月15日~現在(2019/12/1)時点では

10件以上

はメールをいただいたかと思います。

正確に回答はしません。

少ないか多いかはあなたに判断をおまかせします。

ですがこの間、何回もメールを往復しているため、あなたの想定以上の時間はかかっていると思います。

つまり私にとってはちょうどいい件数でした。

私も思わず感情が入ってしまって回答にめちゃくちゃ書きすぎてしまう、なんてこともよくありました。

それのせいで時間がかかったのはあります。

スポンサーリンク

相談をうけて思ったこと・感じたこと

毒親で苦しんでいる人は今、この瞬間にもいる

正直な話、

「相談メールなんかくるのか?」

という思いでした。

だからメールが初めてきたとき、

▼このブログをみてくれてる人がいるんだ!

▼私と同じ親で悩んでいる人がいるんだ!

という気持ちが強かったです。

それと同時に

▼毒親は根深い悩みだなあ

とも思いました。

リアルでは話しづらい悩みですよね。

それは私も一緒です。

だからメールをくれた方は私にとっても勇気をあたえてくれました。

本当にメールをくれてありがとうございました。

毒親育ちの人の境遇は人によってまったく違う

話をきいていて思ったのですが、みなさんやはり境遇が複雑な人が多いですね。

それは私もそうです。

このブログでは複雑すぎてかけないこともたくさんあります。

当ブログは毒親バイバイ、ということで私の両親を中心にかいていますが、私の祖父母もかなりの毒親です。

そこまで書くとわかりづらいな、と思ったのでカットしています。

話を戻しますが、境遇の複雑さが今のしんどい環境を生み出しているなあ…というのが感覚として伝わってきました。

毒親育ちの人の環境は人によって違います。

それがまたあなたを毒親からの自立をはばんでいる一つの原因でもあると私は思います。

『こうすれば親から離れられる!』

という明確なものが人によっては違ってきますよね。

だからこそ二の足を踏んでしまうのかな…と思います。

無理もない話ですけどね。

私の無力さを感じました

メールをよんでいて私の無力さをあらためて痛感しました。

もちろん相談メールですから、私にできることなんて限られているんですけどね。

それはわかっていて始めたのですが、やはりメールしかできないというのは歯がゆかったです。

同時に自分は自分自身で変えていくしかないんだな、と改めて思いました。

親から独立するなら若いうちのほうがいい

もし親から独立を考えているなら若いうちのほうが絶対いいです。

なぜならそれだけ早くストレスの原因から離れられるわけですから。

まだ傷は浅くすみますし、時間を無駄にしなくてすみます。

なにより精神的にも肉体的にも若い時って本当にフットワークが軽いんです。

なので早めに脱出したいなら計画をたてましょう。

『未成年の学生です。親から暴力をふるわれていて辛いんですが…』という方へ

本当に申し訳ありません。

はっきりいって私の相談メールでは解決できません。

話をきいてあげたい気持ちはあります。

でも私が話をきいても気持ちは楽になっても体のほうが楽ではないと思います。

だからまずは身の安全を最優先に行動しましょう。

なのでしっかりとした大人に連絡したほうがいいです。

【未成年】ということなので、

個人的なオススメは

①子どもの人権110番(法務省)

電話番号 0120-007-110(フリーダイヤル・無料)

実施日時 平日午前8時30分から午後5時15分まで

②子供(こども)のSOSの相談窓口(そうだんまどぐち)(文部科学省)

電話番号 0120-0-78310

実施日時  24時間

※この電話番号が不安だったら、『未成年 自殺したい』で検索してみてください。 1番上にでてくる厚生労働省のHPにかいてあるものです。

※参照URLはこちら→厚生労働省のHP

さいごに

毒親相談をしてみて私も1人じゃない、とかなりの勇気をもらえました。

メールをくれた人、つたない返信だったと思いますが、なにかの参考になったら嬉しいです。

返信が遅れた人、メールを見逃してしまった方、あくせくさせてしまったかと思います。

怒らずに接していただいてありがたかったです。

それでは引き続き2019/12/15までお待ちしております。

毒親について相談してみたい方はこちら▼