護心術

あなたが親の顔色を気にしすぎてしまうのはHSPという特性のせいだった!?

「私、親の顔色気にしすぎてもうしんどい…」

「さっきの話親の反応がよくなかった、もう終わりだ…」

このように何か行動するとき、つい親の顔色を気にしてしまうことはありませんか?

また他にも

・就職や進路の決定の際に、「親はなんて思うかな…」と親の反応をシミュレーションしてしまう。

・親のちょっとした表情や口調で怒っているかわかる

・親の機嫌を損ねると面倒なので先回りして色々やっておくことが多い。特に幼い頃は「いい子」になるようにしていた。

・親の行動を深読みしてしまう

・親のグチを聴いていると自分自身もイライラしてしまうのであまり聞きたくないが、聞かないといけない雰囲気があり逆らえず、最後まで聞いてしまう。

・親の顔色に振りまわれている自分が嫌。

思わず、「私だ」と思いましたか?

親の反応をついつい気にしてしまうのってかなりストレスですよね。

私もあなたと同じように親の顔色をかなり気にしてしまう性格なのでその気持ちとってもわかります。

気にする必要なんてない!とは思っても実際やってみると意外に難しいですよね。

・親に怒られたくない

・親の機嫌を損ねたくない

という気持ちがどうしても強くなってしまうものです。

そのたびに「なんて自分はダメダメなんだーーー!」と思いっきり頭抱えたりしてしまったり……

それ、すっごいよくわかります。

そこでこのままではいけない、と思って私色々調べてみたんです。

すると実はこの『親の顔色を気にしすぎてしまう』というのは、HSP(ハイリィ センシティブ パーソン)という2018年時点の日本ではまだあまり認知されていない特性が原因の可能性があります。

最近ではTwitterでたまにバズったりし始めていますね。

そこでこの記事では「親の顔色を気にしすぎている人」へ、

・HSPチェックテスト

・HSPって何?

・HSPの特徴

・親の顔色を気にしすぎないためにできる6つの対処法

について解説しています。

敏感な気質をもったあなたは絶対他の人より優れている感性があるはずです。

自分のことについてよく知ると気持ちがかなりラクになりますよ。

だからこの機会に私と一緒にHSPについてよく知っておきましょう!

この記事の一番最後で、あなたが親を気にしなくなる究極の切り札を紹介していますのでぜひ最後までごらんくださいね。

【一刻も早く『親を気にしなくなる究極の切り札』が知りたい方はコチラ】

スポンサーリンク

あなたはHSP?チェックリストやってみよう!

さてまずあなたがHSPかどうかについて知っていきましょう。

HSPのチェックテストは全部で23項目あります。

次の質問に感じたまま、はいかいいえで答えて下さい。

何個はいを選んだか数えてくださいね。

1 自分をとりまく環境の微妙な変化によく気づくほうだ
2 他人の気分に左右される
3 痛みにとても敏感である
4 忙しい日々が続くと、ベッドや暗い部屋などプライバシーが得られ、刺激から逃れられる場所にひきこもりたくなる
5 カフェインに敏感に反応する
6 明るい光や強い匂い、ざらざらした布地、サイレンの音などに圧倒されやすい
7 豊かな想像力を持ち、空想に耽りやすい
8 騒音に悩まされやすい
9 美術や音楽に深く心が動かされる
10 とても良心的である
11 すぐにびっくりする(仰天する)
12 短期間にたくさんのことをしなければならない時、混乱してしまう
13 人が何かで不快な思いをしている時、どうすれば快適になるかすぐに気づく(たとえば電灯の明るさを調節したり、席を替えるなど)
14 一度にたくさんのことを頼まれるのがイヤだ
15 ミスしたり、物を忘れたりしないようにいつも気をつける
16 暴力的な映画やテレビ番組は見ないようにしている
17 あまりにもたくさんのことが自分のまわりで起こっていると不快になり神経が高ぶる
18 空腹になると、集中できないとか気分が悪くなるといった強い反応が起こる
19 生活に変化があると混乱する
20 デリケートな香りや味、音、音楽を好む
21 動揺するような状況を避けることを、普段の生活で最優先している
22 仕事をする時、競争させられたり、観察されてると、緊張し、いつもの実力を発揮できなくなる
23 子供のころ、親は教師は自分のことを「敏感だ」とか「内気だ」と思っていた

(出典:ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。 著:エレイン・N・アーロン)

23項目の質問のうち、12個に『はい』がついたらあなたはHSPです。

仮に9~11個であっても特定の感覚に関してはかなり鋭い感じ方をしているのであればHSPといえます。

ちなみに私は22個当てはまりました。

自分のことは神経質だな~とは思っていましたがここまでとは思わなかったです。

これだけ色々なことに敏感だと、いちはやく人の顔色に気づいて深読みしてしまうクセがつくのもしょうがないのかもしれませんね。

やっかいなのは色んなことに気づいてしまうことです。

実際HSPの能力をフルに使えばそりゃ気が利く人にはなれるんですけど、かなり疲れますよね~。(マンガのような言い方)

もちろん友達が体調悪いことにすぐ気づいたりするのはいい特性だなあと思いますけど、仕事でも気づくことが多くてストレスになってしまいますよ。

そもそもHSPっていったいなんでしょう?

次にHSPについての具体的に解説しましたのでぜひお読みください。

HSPって何?

さてHSPとは一体なんでしょうか?

HSPとは

HSPとはHighly sensitive person(とても敏感な人)の略語です。

今から20年ほど前にアメリカの心理学者、エレイン・N・アーロン博士という方が定義しました。

HSPというのは『生まれつきとても敏感な感性をもった人』です。

この敏感な感性を持つがゆえに、HSPを持った人は人の顔色や雰囲気を人一倍鋭くキャッチすることができます。

日本人の5人に1人がHSPです。

しかし2018年ごろからやっと日本でも認知が広まった特性でもあります。

たまにTwitterでもHSPが話題になりますよね。

かなりの人が反応していますので、結構な数の人が『自分かも?』と感じているようです。

もしかしたらあなたもHSPである可能性は十分にありますよ。

HSPとは病名ではない

注意してほしいのですが、このHSPというのは病気ではありません。

私は専門家ではありませんので、ここで本より引用をさせていただきます。

 ただ問題なのは、HSPやHSCは病名でも診断名でもないということです。医学的な概念として認められていないのです。あくまで心理学的な、社会学的なひとつのものの見方にすぎないという位置づけなのです。

ですから、精神科や神経科、心療内科にかかってもHSPやHSCだと診断されることはまずありません。HSPという概念を知らない医師もいますし、たとえ知識としては知っていても、それを生きづらさとは見なさないのが一般的です。

(出典:子どもの敏感さに困ったら読む本 著:長沼睦雄 より引用)

※HSC…Highly sensitive child(とても敏感な子ども)というHSPの特性をもった子どもという意味

以上のことから、HSPは病名ではありません。

HSPはあくまで概念、例えば足が速い・遅いなど人間がそれぞれもっている特徴のようなものです。

「足が遅いんですけど…」と同じで病気ではなく先天的なものだったら、お医者さんにいくのは間違っていますよね。

足が遅かったら行くのはお医者さんにいくより筋トレをするほうが現実的です。

あなたの親の顔色を気にしすぎてしまうのは病気ではなく生まれ持った敏感な感性から来ているということをまず理解しましょう。

それでは、次にHSPとは具体的にどんな特徴があるのか見ていきましょう。

HSPの特徴まとめ

HSPの人はその他にどんな具体的な特徴があるのでしょうか。

HSPを発表されたアーロン博士の著書「ひといちばい敏感な子」によると、HSPを持つ人は大きくわけて4つの特徴があるといわれています。

HSPの人は以下の4つの特徴にすべてあてはまるとのことです。

1つでも当てはまらなければ、HSPではないとおっしゃられていることからまず間違いないでしょう。

①深く処理をする

・難しい言葉を幼いころから使いこなす

・物事の本質に気づきやすい

・じっくり考えてから行動を起こす(行動力がないとみられがち)

・人の表情のわずかな変化に気づく

②過剰に刺激を受けやすい

・刺激的な体験をするとなかなか寝つけない

・でかけても場の雰囲気に圧倒されすぐ疲れてしまう

・ピアノの発表会で練習では完璧にひけていたのにミスを連発してしまう

③感情反応が強く、共感能力が高い

・仕事場で誰かが怒られているのをみると自分が怒られているように感じてしまう

・映画でショッキングなシーンを見ると、映画を見終わったあとも『どんな気持ちで登場人物は死んでいったのだろう』とずっと考え続けてしまう

・人の話を聞くのがとてもうまい。

スポンサーリンク

④ささいな刺激を感じる

・テレビがついていてもLINEの通知音に気づくことができる(音に敏感)

・いつも食べているものが少しでも味が違うとわかる(味覚に敏感)

・誰よりも早く匂いを感じることができる(匂いに敏感)

・身に着ける服の材質のなかで、これは絶対に着れないというものがある(触覚が敏感)

以上、HSPの人がもつ4つの特徴でした。

ちなみに私は4つの項目全て経験がありました。

「えっじゃあ昔のアレやコレも、全部???」

と一瞬戸惑いましたが、HSPの4つの特徴を見ているうちに「そうだったのかも」と思うようになっていきました。

特にひっかかったのが、①深く処理をするです。

物事の本質についてよく深く考えてしまう性格だったので、親から不気味がられたのをよく覚えています。

例えば成人式ってなんのためにやるのかわからず戸惑っていると、「女の子のクセに成人式が楽しみじゃないの?変な子!」と言われましたね…。

この①深く処理をするって親の顔色を気にしてしまう人はあるあるなのではないかな、と考えています。

深読みができてしまうからこそ自分の行動が相手を不快にさせているのではないかと気にしてしまうクセができてしまうからです。

自分の親に嫌われたいと思う人もなかなかいないでしょう。

親の顔色を気にしてもしょうがない、と頭でわかっていてもついつい気にしてしまうんですよね。

けどそれではあなたの本当の気持ちは外に出せないままで、しんどいままです。

大丈夫ですよ、まだ間に合います。

親の顔色を気にしすぎてしまわないためにはどうしたらいいのでしょうか?

親の顔色を気にしすぎないためにできる6つの対処法

親の顔色を気にしすぎないためにはどうしたらいいのでしょうか?

あなたがどんなことに敏感なのか自分で知ろう

あなたはどんなことに対して敏感に感じますか?

例えば私は大きな音が苦手です。

だから家族がケンカしている声がものすごく気分が悪くなりますし、非常にイライラしてしまいます。

家族がケンカをするのは私にはどうしようもできないことなので、安定した自分の心を維持するには『ケンカがない環境づくり』が一番大事だとわかっていました。

具体的にどんなことが苦手かわかれば、対処法もそれぞれ見えてきますので一度考えてみてくださいね。

実家以外のもう1つのあなたの居場所を作りましょう

実家と会社の往復でいっぱいになっていませんか?

確かに社会人になると実家と会社の往復ばかりの生活になってしまうかもしれませんが、癒しが実家に求められない以上、

1人暮らしをしてみるのもよし、スポーツを始めてみるのもよし、趣味の絵を描く、図書館で読書をするのもいいかもしれません。

あなたにとって何かに没頭できる時間や場所があると気分が変わってきますよ。

続けられたらそれがいつか仕事になるかもしれません。

しんどいと思ったらSNS断ちをしよう

SNSには色んな意見があります。

それを読むのも面白いのですが、私たちHSPは刺激が強すぎるなと思う内容のニュースが毎日流れていきます。

あなたがいつも元気ならいいのですが、そうでないときにマイナスな情報をいれると思わず登場人物に共感してしまうのでは?

「ああ被害者の人、嫌な思いをされてつらかっただろうな」

もし自分だったらとつい想像してしまうのならいったんそこで思考をやめましょう。

確かに世界のどこかで起きている出来事かもしれませんが、あなたが心を痛める必要はありません。

あなたの貴重なメンタルパワーをSNSで削らないように注意しましょう。

こんな思考のパターンがありませんか?

HSPの人は以下で説明するような思考のパターンがありがちです。

思考パターン 内容
白黒思考 ものごとすべてを「白か黒か」「Yes or No」
「0か100か」といった両極端で考える
行きすぎた一般化 経験や根拠が不十分なまま、早まった結論を下す。
心のフィルター ものごと全体のうち、悪い部分だけに目がいってしまう
マイナス思考 うまくいったら「まぐれ」
うまくいかなかったら「やっぱり」と考える。
論理の飛躍 相手の心を読み過ぎる
ものごとを悲観的にに想像してしまう
拡大解釈
過小解釈
失敗、弱み、用意などは過大に受け取り
成功、強み、チャンスは過小に受け取る
感情の理由づけ 感情のみを根拠として自分の考えが正しいと結論を下す。
すべき思考 「すべき」「しなければならない」と考える
レッテル貼り ひとつのものごとだけを通して、ネガティブな評価を下す。
誤った自己責任化(個人化) コントロールできない結果を、個人的責任と捉える

(敏感過ぎていつも不安なのはHSPかもしれません 長沼睦夫より引用)

11個のHSPの人がありがちな思考パターン、結構あるあるではありませんか?

「かなりあたってる…」

上の表を読んでいるとドキッとしますよね。

私は特に白黒思考が自分じゃないかと思いました。

私ってなんでも白黒つけたがるんですよね。

でも白黒思考って自分が疲れるだけなので、ちょっと自分でも気をつけるようにしています。

あと色々調べてわかったのですが、人間の脳は一貫性のある思考が大好きなんです。

だから白黒思考には陥りやすいのですが、HSPの私は特にそうなのかもしれません。

人間の脳のしくみに興味を抱かれたあなたにオススメの記事を紹介しますのでぜひこちらも読んでみてください。

下の記事↓↓であなたが親を嫌いになれない理由についてもわかりますよ。

【毒親】ちょっと待って!もしかしてうちの親は他の親よりマシだと思ってない?「世の中にはひどい親もいるんだなあ。それに比べてうちの親はまだマシか…」 最近のニュースで見かけるひどい親の行動を見ると、嫌いだと...

過去のトラウマをリアルに思い出していませんか?

こんな実験があります。

ポジティブな人とネガティブな人はどこで思考が違ってくるのか研究した実験をしました。

すると意外なことにポジティブな人とネガティブな人の間で思考の方法はほとんど一緒だったそうです。

しかもポジティブな人はネガティブな人と同じぐらい過去の嫌だったことや恥ずかしかったことを思い出しているそうです。

結局ポジティブな人とネガティブな人の間で何が差があったかというと、ポジティブな人は『ああ、そういうこともあったなー』と思うだけで、ネガティブな人は『そういえばあのとき嫌だったな、しかもあのときは…』とそのときの嫌な感情を思い出していたのです。

HSPの人は特に共感力が強いので、つい「恥ずかしかったときの自分」に共感して『嫌だった感情』を一緒に思い出しがちです。

もし嫌なことを思い出したり、親からの心無い言葉に傷ついたことを思い出したら、

『そんなこともあった』

と思うだけにしておきましょう。

何度も何度も思い出していると、脳が重要な記憶だと勘違いしてしまってより強く記憶されてしまうので要注意ですよ。

力を抜いて感情を一緒に思い出さないようにしましょう。

スポンサーリンク

あなたが落ち着く環境づくりをしよう

もしあなたがどんな刺激に対して敏感なのかわかれば、その点をおさえたあなたが落ち着く環境づくりの目標をたてましょう。

先ほども言った通り私は大きな音が苦手で、家族がケンカしている声がものすごく苦手でした。

なので最優先すべきは静かさと平和な環境でした。

ですが実家に親と住んでいてはそれは実現できないので、次の節で紹介している1人暮らしを計画することにしたのです。

究極の切り札!親の顔色を気にしたくなければ、1人暮らしが一番効きます!

本来静かに心を落ち着かせる空間であるべき家が、もし親の顔色を気にしながら暮らしているのであれば、それは大変なストレスです。

ぜひ1度1人暮らしをして、親との距離をとるのをオススメします。

私も3年間東京で1人暮らしをしたのですが、

・自分の決定に文句を言う人がいない

・親のグチ話をきかなくても済むので共感力の高い私がストレスを感じることが少なくなった

・親の顔色を気にする必要がなく気持ちよくプライベートの生活をおくることができる

とても楽しかったな…1人暮らし。

大変なことももちろんありましたが、1人暮らしをして得られたことはとても大きかったです。

1度家をでてもダメだと思ったら戻ればいいですし、家族の縁が切れるわけでもありません。

親から一度距離をとって快適な生活を送ってみませんか?

1人暮らしに興味がでた方はまず↓の3つの記事をオススメしますのでぜひご覧ください。

さいごに

この記事では「親の顔色を気にしすぎている人」へ以下の5つを紹介しました。

・HSPチェックテスト

・HSPって何?

・HSPの特徴

・親の顔色を気にしすぎないためにできる6つの対処法

・究極の切り札!親の顔色を気にしたくなければ、1人暮らしが一番効きます!

「私、親の顔色気にしすぎてもうしんどい…」

あなたはとても優しい人なので、ついつい親の顔色を気にしてしまうんですよね。

そりゃ親ですもの、ニコニコ笑っていてほしいものです。

ですがあなたが親を笑顔にさせるのではなく、親自身が自分で笑う努力をしないと絶対にあなたも親も真の意味で笑うことはできません。

もしここで紹介した対処法6つでもやっぱりだめだと思ったら1人暮らしを絶対オススメします。

まずはあなたが1人暮らしを始めて、刺激を受けない環境に整えてから全てが始まります。

そのあとでゆっくりと親との関係を改めて考えてみてくださいね。

あなたが親との関係に悩んでいたらオススメしたい記事はコチラ↓↓

スポンサーリンク