対毒親学

あなたが生きづらい、しんどい、いつも自分のせいにしてしまうのは毒親のせいだった。マイナス思考になりやすい理由と立ち直り方について解説します。

「ああ…しにたい」

「もう何もかも嫌だ」

こんな風に毎日ため息をついていませんか?

会社の人間関係など心配してもしょうがないことを気にしてしまったり、成人しても親の言葉に落ち込んでいる自分が嫌いになったりしていませんか?

こういうのって一度負のループに入るとなかなか抜け出せなくて本当に精神がまいっちゃうところまで追いやられてしまいますよね。

実はあなたが落ち込んでしまうのは何かしら自分のせいなのではないか、と自分を関連づけているからなのです。

「あの人が怒っているのは私があのときああいったからかもしれない」

「親が不機嫌なのは親がしたいことに私が付き合ってないからだ」

こういうマイナス思考に身に覚えがあるのではないでしょうか?

あなたはとても真面目な人です。

どんなに親が嫌いでも親を悲しませてはいけないと自分を押し殺してきました。

何を言われてもぐっと我慢してきたあなたを私は褒めたいです。

勢いに任せずに家を飛び出さなかったあなたはとても勇敢ですよ。

だからもう成人したら親の側を離れて生きていってもいいのです。

そう他人から言われても迷っているあなた。

その思考こそが毒親に育てられた子の特徴なんです。

実は毒親に育てられた子にはとある特徴があることがわかっています。

それは

『愛着スタイルが不安型・回避型になりやすくなる』

のです。

愛着スタイルについては記事のなかで詳しく解説していますが、この不安型というのは相手の反応が悪いとすべて自分が悪いせいだと自分に関連づけて考えやすいのです。

つまりあなたがマイナス思考になりやすいのもあなたの親の影響がある可能性があります。

この記事では

・毒親をもつ人たちはマイナス思考が多い理由と解説

・毒親だからってあきらめなきゃいけない理由なんてない

・でも変われないよ、というあなたへ

についてまとめています。

自分のせいでこんなに生きづらいんだ、うまくいかないんだ、と落ち込む前に他の原因を探ってみましょう。

あなたは不幸に感じているかもしれませんが、それは全てあなたが悪いんじゃないですよ。

いったん考えるのをやめて毒親が一体なんなのか、毒親に育てられた子はどんな特徴があるのか冷静に理解しましょう。

理解できたら次にどうするのか考えてみましょう。

私も早く親のもとから離れたくて焦ったことがありますが、そんな私からいえるのはただ一つ。

大丈夫、すべてゆっくりやればいいのです。

さあ一緒にみていきましょう。

毒親のたった1つの条件

ネットや書籍で毒親関連の本をみると『毒親の特徴』として色々なものがのっていますが、イマイチこれじゃないと思ったことはありませんか?

自分の親はこうじゃない、とどこかで感じているはず。

ところが最近の研究で『これが毒親に共通するたった一つの条件』が明らかになりました。

これがあなたの親にあてはまったら毒親の傾向があるといえるでしょう。

毒親は罪悪感をもって子どもをコントロールする傾向が強いのです。

罪悪感でコントロール?

これだけだとわかりづらいので例に出しますね。

・友達の目の前で「だからお前はだめなんだ」とあえてしかる

・学校の成績が悪い子に「お前にいくら学費をつぎ込んでるんだ」と責める

私は『ああ、こんなこと言われたなあ…』と思い返すのですが、あなたはいかがでしょうか。

こういう罪悪感を抱かせる言い方ってあなたが言い返せないような状況ではありませんでしたか?

学費はほとんどの人が親にだしてもらうことが多いと思いますし、出してもらう人に責められると本当にしんどいですよね。

しかも成績が悪いという理由がある。

一見正論に見えるのでやっかいです。

 

【スポンサーリンク】

毒親をもつ人たちはマイナス思考が多い理由と解説

毒親のもとで育てられた人たちはマイナス思考が多いです。

理由は毒親の元で育てられたことによる影響があるからです。

毒親の元で育てられると愛着スタイルというものに影響がでることがわかっています。

愛着スタイルは大きく3つのタイプに分けられるのですが、このタイプによって大人になってからの人間関係を作るのに影響を与えています。

愛着スタイルの3つのタイプは↓↓下の図のようにわけられます。

毒親に育てられると2番の不安型、3番の回避型になりやすいです。

次に不安型と回避型にをさらに詳しく説明します。

不安型の特徴

回避型の特徴はこちら

 

自分にあてはまる…!と思った方も多いのではないでしょうか?

あなたがマイナス思考なのもあなただけが原因ではないのです。

他にも色んな原因があって今のあなたになっていることはぜひ覚えていてください。

次にどうやったら自分を変えられるかについてまとめました。

毒親をもったからってすべては親のせいにはしたくないですよね。

親なんて関係ありません。

今はあなたは苦しんでいるかもしれませんが、絶対にあきらめないでください。

あきらめたらそこですべては終わりです。

何度泣いても倒れてもくじけてもいいのです。

あきらめることだけはしないでください。

さあ、一緒に次にいきましょう。

スポンサーリンク

毒親だからってあきらめなきゃいけない理由なんてない

「私は親に1人暮らしをするなって言われてるから無理だよね」

親に言われているから無理なんてことはありません。

成人をしていたら家は借りられます。

保証人は必要かもしれませんが、お金を払えば家は借りられます。

私は実家をでるとき

「やりたいことがあるから東京で暮らします」

といって家をでました。

決して『親と離れたいから』といいませんでした。

もう喉からその言葉がでるかと思いましたけどね。

これが本音と建て前というヤツです。

大人になったあなたに必要なのは本音と建て前というものを覚えることです。

つい親が怖くて怖くて本音を語りそうになりますよね。

その恐怖、とてもよくわかります。

心臓がとても早くなって自分がどんな顔してるかもわからなくて、親の顔が迫ってとても怖くなって早く逃げたくなる。

とても怖いですよね。

私はもう途切れ途切れの記憶しかありませんが。

日記を書いていたのでなんとかそうだったなと思い出せる程度です。

それでも私は親に隠れて必死に準備をしました。

何しに東京にいくんだ、といわれるかもしれませんが、私はもともと東京で暮らしたいと冗談でいうようにしていました。

「東京住みたーい(笑)」と。

親に本当のことをいえないなんて悲しいですが、考え方があわないのでしょうがないなと最近は割り切って考えられるようになれました。

これも東京で1人暮らしをしたからです。

一緒の空間なんていたらそんな心の余裕はもてないし、あなただったら『親の意見を尊重する』ということがどれだけ苦痛を感じるかわかるのではないでしょうか?

その前に自分が壊れてしまうような気がしませんか?

生きづらさを感じるのはもう嫌でした。

一度全ての環境をリセットして自分がどういう人間か知りたいと思いました。

まっさらな状態にすれば、親が悪いのか自分が悪いのかわかります。

だから私は実家をでました。

でも変われないよ、と悩むあなたへ

この記事であなたのマイナス思考や物事を全て自分のせいにしてしまうのは、毒親による愛着スタイルの悪影響が原因だということがわかりましたね。

そうです、あなただけのせいではありませんよ。

しんどくないですか。

もう生きるのをやめたくなりませんか。

それが全部親のせいだと思うと情けなくて自分がとてもみじめに感じてきませんか。

どんなに自分がしんどくても行動できない自分、本当に嫌になりませんか。

本当にその気持ちとてもよくわかりますよ。

私がいえたものではないのですが、おいつめないでくださいね。

でもあなたは本当は変わりたいはずです。

親のことから少しでも解放されたいですよね。

このサイトではそんなあなたに役立つ情報をほかにもたくさん紹介しています。

ぜひ参考にしてくださいね。

まとめ

毒親もちの人はマイナス思考が多い理由について解説しました。

毒親のもとで育てられた人は愛着スタイルが不安型と回避型の2タイプになる傾向が強いです。

あなたがマイナス思考なのは自分だけのせいではありません。

それだけは覚えておいてください。

でも親に縛られてばかりで嫌ではありませんか?

もうあなたは成人したのです。

なんとしてでも親から離れて自分らしくいきいきと生きませんか?

私も同じような境遇から脱出した1人です。

絶対にあきらめないでください。

ABOUT ME
タチカワ
タチカワ
私は毒親から独立して4年がたちます。親から独立するまでにこまったことをネットで探すもなかなか見つからなかった経験から、このブログ-毒親バイバイ!-をたちあげました。毒親バイバイ!では少しでも毒親もちの人が親からはなれるため情報を発信しています。