毒親もちの婚活戦略

知らないとヤバイ。母親の顔色を気にして結婚できない人の特徴7つまとめ

「結婚できない…」

そう思い悩んでいませんか?

・自分の会話が長続きしない

・自分の好みより、母親がなんていうかが気になる

なんてつい気にして婚活に集中できない…!なんてこともしばしば

意外かもしれませんが母親から受けている影響があなたの男性像にでています。

この記事では

・母親の顔色を気にして結婚できない人の特徴7つ

・母親が影響している理由

について解説しています。

あなたが結婚に迷ったり結婚できないまさかの理由って母親が関係しているかもしれません。

自分にあてはまらないかここで一度ふりかえってみましょう。

母親の顔色を気にして結婚できない人の特徴7つ

母親の顔色を気にして結婚できない人の特徴についてまとめました。

母親があなたに求めている理想の男性像がわかる

「お母さん、あんな人がいいと思うの」

恋愛の話をしていて母からこんな言葉がでてきたことはありませんか?

母親が結婚するのではなくあなたが結婚するのです。

あなたの理想の男性像はどんな人ですか?

母親がデートのたびに口をだしてくる

干渉してくる親だとあなたの行動にいちいち口を出してきます。

デートのときでも例外ではありません。

服装のことをいわれたり、門限を指摘したり…

中学生、高校生ならわかるのですが、婚活をしているあなたはもう成人しているのでやりすぎです。

両親が仲が悪くて結婚に対していいイメージがわかない

「男の人ってこんな人ばかりなのよ」

母親から父親の陰口をきいたことありませんか?

それでも離婚しなかった親が不思議に思ったことがあります。

これではそもそも結婚に対していいイメージがないのも当然です。

母親の無言のプレッシャーを感じることがよくある

母親は一見普通の表情なのに威圧感を感じて本音がいえないことってありますよね。

あるあるですよね。

「絶対怒られる」

という発言は口からでてきませんよね。

結局母親を怒らせるなら黙っていたほうがいいと思うのは当然のことです。

子どものころから母親に否定され続けた

母親に褒められたことを覚えてますか?

母親は褒めたといっても自分の記憶になければあなたのなかでは褒められたという経験になっていない証拠です。

母親に褒められることが少ないと自信のない子どもになります。

母親があなたに求めている結婚相手の条件が厳しすぎると感じている

「公務員にしなさいよ!」

(ちょっとまって、別に私は求めてない…)

母親がいっていることは全然自分はしたくないのに、反抗できないのって本当につらいですよね。

親からの価値観の押しつけが厳しく、自分が何がいいのか主張するのにためらいを感じる

親のいっていることに反対意見をするとすぐ機嫌を損ねる親って、いったいどっちが子どもなんだか、とため息がでてしまいますよね。

それだったら自分が我慢すればいっか…と諦めますよね。

いまさら「あなたがしたいことはないの??」と聞かれても、主張したところで反対されるか号泣されるか、どちらにしろ疲れるのでもうどうでもいいと思ってしまいます。

【スポンサーリンク】

結婚できない理由に母親が関係している理由

子どもにとって母親は絶対的な存在です。

お母さんの言葉はそのままストレートに子どもの耳に入っていきます。

そんなときに

「結婚とは女が我慢するもの」

「男は理不尽なもの」

このような偏った夫婦観が作られると自分で気づくのに時間がかかります。

スポンサーリンク

絶望しないでください。まだ希望はありますよ。

自分の夫婦観が偏っているかもしれないですが、まだ治せますよ。

あなたが本当に求めている男性像について真剣に母親の影響抜きで考えてみましょうね。

まとめ

母親の顔色を気にして結婚できない人の特徴についてまとめました。

・母親があなたに求めている理想の男性像がわかる

・母親がデートのたびに口をだしてくる

・両親が仲が悪くて結婚に対していいイメージがわかない

・母親の無言のプレッシャーを感じることがよくある

・子どものころから母親に否定され続けた

・母親があなたに求めている結婚相手の条件が厳しすぎると感じている4

・親からの価値観の押しつけが厳しく、自分が何がいいのか主張するのにためらいを感じる

もしかしたら、結婚できないのは母親の男性像かもしれません。

でも絶望しないでください。

人間は変われます。

これからもこのブログでは親のかげを払拭するための情報をのせていきます。

一緒にがんばりましょうね。

ABOUT ME
タチカワ
タチカワ
私は毒親から独立して4年がたちます。親から独立するまでにこまったことをネットで探すもなかなか見つからなかった経験から、このブログ-毒親バイバイ!-をたちあげました。毒親バイバイ!では少しでも毒親もちの人が親からはなれるため情報を発信しています。