毒親対策

あなたの人生このままでいいの?毒親から脱出する前に私がやってよかったこと5つ公開します。

「ああ、親がまた私のことで悪口をいっている……」

夜寝る前に壁越しから聞こえてくる両親の話し声ってほんっとうに嫌ですよね。

だいたい親が盛り上がって話すのはあなたの悪口だったりしますから余計そうですよね。

親同士が普段そんなに仲良くないことを知っているからなおさら違和感を感じます。

ええ、確かにあなたの悪口をいっているかどうかというのは壁越しなのではっきりとわかりません。

ですがそんな不審を抱いてしまうぐらい、あなたの親はあなたに対してやらかしてきた過去があるのではないでしょうか?

いわゆる毒親というやつではありませんか?

私の場合はそうでした。

「そんなことしてない!」と言われても、私の両親はすぐ自分のやったことや言ったことを都合よく忘れるので信用なんてありません。

こっちは傷ついているのに親は都合のいいときだけ忘れるなんて本当に嫌な人です。

かといっても親に手をあげられたことはそんなにないので、虐待かといわれるとそうでもないんですよね。

しかもこういう親の何がいやって社会人になっても態度を変えてこないことです。

あなたが働く前は「誰に食わせてもらってると思うんだ!」と、親におどされませんでしたか?

でもあなたが働くと「誰がお前の面倒なんかみてやってるんだ!」とまた怒り始めます。

親はこういう人なんだと割り切れるといいのですが、正直この生活がずっと続くと思うとしんどくてしんどくて『ちょっと◯にたい』、とメンタルがやられそうになりますよね。

毒親がなにかの拍子で頭でもうって普通の人間になってほしい、そう願うのも1度や2度ではないのでは?

でもそれは宝くじで1等があたったり、隕石が落ちて地球が滅びるぐらい現実味のない話だというのはあなたもうすうす気づいていますよね。

「せめて自分がなんとかせねば」

あなたがあなた自身で行動しなければ何も人生は変わらない、それはもうわかっているはずです。

(でもそれすっごいいいことなんですよ!)

そこでこの記事では現在進行系で毒親に苦しめられている人へ向けて情報をまとめています。

・社会人になってもあなたを苦しめる毒親の代表的な発言と行動10こまとめ

今からできる!!毒親から脱出する前に私がやっててよかったこと5つ

この2つについて解説しています。

あなたにはこの記事をじっくりよんで、

・あなたはよくがんばっていること

・あなたは普通に考えてヤバイ状態にあること

・親からは脱出できると希望をもってほしい

こういう気持ちに少しでもなってほしいと思っています。

これ以上あなたの人生を毒親に邪魔されないために、敵情視察は大事です。

まずは社会人になってもはりついてくる毒親の行動からじっくりみていきましょう。

社会人になってもあなたを苦しめる毒親の代表的な発言と行動10こまとめ

毒親にはあるあるの行動と発言があります。

まずはその例をみて毒親の行動をふりかえってみましょう。

でかける前に「いつどこで誰と何をしてくるか」を”詳細”に報告させる

そもそも前提として、実家に暮らしている以上ある程度の予定の報告は必要だと私は思っています。

夕飯とかお風呂とかいろいろ考えるところはありますからね。

それはあなたでもわかっていると思います。

ですが必要性を感じないぐらい詳細に報告を強制させるのは意味が違ってきます。

例えば「10:00に新宿駅の南口の赤い看板の前で、高校の友達の山田ちゃんと待ち合わせてルミネエストの〇〇っていうお店でタピオカ飲んで…」

って秘書かよ、といいたくなりますが実際こういう報告を嬉しそうに聞く親もいるものです。

そういう親に限って聞き上手だったりしますから、厄介なんですよね。

こういうなんでも報告してほしいタイプの親は極度の心配性な人が多いです。

また無意識に娘のあなたをもう1人の自分だと思い込んでいるために、何も考えずにあなたの行動をしっておきたいと思っているのです。

「お前のためを思っていってる!」「私のいうとおりにすればいい」

少しでもあなたが意見をすると「お前のためを思っていってる!」と口をふさがれるのもよくあるのでは?

あなたは少しでもよりよい提案をしようとしているだけなのに、「口答えされた!」と思い込んでいるのです。

まともに親とは『会話』ができませんよね。

親はまさにスピーカーで、あなたはただの聞き役ということです。

「親不孝者め!!」

2言目には「親不孝者め!」と言われてませんか?

私はそうでした(゚∀゚)←

今考えると語彙力がない親だな、とか、すぐカッとなる性格は損だなとか思えるのですが、2言目に「親不孝者め!」っていわれるのはめちゃくちゃ悲しいですよね。

こっちは会話をしようとしてるのに、わかりやすい非難言葉で私を遠ざけようとしているのがみえみえなんですから。

「なんでこんな子に育ったのかしら」「私の育て方が間違ってたのね」

「なんでこんな子に育ったのかしら」「私の育て方が間違ってたのね」この2つの言葉を親が口にしていたら要注意です。

この言葉はいっけん自分たち親が悪いように聞こえて遠回しにあなたを否定しているのです。

「こういえばあなたが傷つくだろう」→「ごめんなさいといってくるだろう」とわかってていってくるのです。

「なんでこんな子に育ったのかしら」「私の育て方が間違ってたのね」こう言われたら、次のように考えてください。

・あなたが育てたんですよ?

・あなたの子ですから。

あっもちろんそのまま口にだしてはいけませんよ?

こういう親に限って事実を指摘すると認めないものなんです(体験者)

いいかえすと最悪泣き出しますから、あなたが悪いみたいな雰囲気になります。

あなたはなんにも悪くないのですが、その場はさっさと立ち去るがのちのち吉です。

娘の理想像をあなたに押しつけてくる

親には理想の娘像があるんだなあと感じることはありませんか?

特に「こんな子だとは思わなかった!」「どこどこの誰さんちの子は、お前よりもっと素直だってさ!」と、誰かとあなたを比較しているときです。

申し訳ありませんが私は理想になれません。

なぜなら親の理想の娘は親のなかにしかいないからです。

私が仮に理想の娘になったとしても、親は私を認めなかったでしょう。

私には私を認めてくれる友達や夫がいますから、もう大丈夫です。

親の思い通りにならないとキレるor泣く

自分の思い通りにならないとわかると、キレるか泣いていうことを聞かせようとするのが私達の親です。

正直結婚して夫の両親を観察してて思ったのですが、

「普通の家族はキレたり泣いたりして子どもを支配しない」

ということが1番の発見でした。

キレたり泣いたりしてあなたの行動を制限するのは人間としてだいぶヤバイことに気づいてください。

そんな環境にいたらあなたの精神状態が悪くなるのも当然なんですよ。

もう1度いいます、普通の家族はしょっちゅう泣いたりキレたりしないしあなたの行動を支配したりしようとはしません。

転職先は親のチェックが入る

あなたは進路や就職で親のチェックは入りましたか?

私は入りました。

いえチェック程度だったらいいんですけどね、チェックなんてもんじゃないぐらいの干渉をされましたよ。

ええ、進学などお金をだすのは親ですからそれぐらいはある程度必要だと思うんですが、(社会人になっても実家ぐらしだったので)

・私の人格否定

・一生お前は実家からでるな(というニュアンスの言葉)

この2つは余計だと断じて思っています。

「へたくそ!こんなんでお前が役にたつと思ってんのか」

「なんでお前はこれぐらいのことができないんだ!!」

父が決めた転職先への履歴書のダメだし、これが地味に1番きつかったです。

父にみせなきゃいけなかったんです。

履歴書のダメだしというより私の人格否定が第一だったので、余計に嫌な記憶として残っています。

私の父はいわゆるモラハラでした。

女は高卒で働いて事務職で結婚して親に頼って子ども生んで…

このルートが王道だと信じて疑わずこの道から外れるもんなら、手をだすわ人格否定するわ家は追い出すわ……

私は幸いにもすんでのところで逃げ出したりしていたので殴られたことはありませんでしたが、弟にも同じような態度でした。

「私もこんなふうにされるかもしれない」

とさすがに命の危機を感じたものです。

1番わけがわからないのは、家をでていけという割に1人暮らしをするなと言われたときでしたね。

たぶん父のなかでは論理が通っていることなのでしょう。

私にはわけがわからなかったので、拳が飛んでくる前に家を飛び出したのは今でも正解だったと思っています。

私は父が怖いです。

遠回しに公務員になれ、といってくる

社会人になっても遠回しに「公務員」になれ、といってきませんか?

君がなればいいんじゃない?と思いますよね。

こっちはなりたくないし、興味もないのにどうしてあんな辛い試験受けなきゃなんだよって感じます。

公務員って親が憧れているほどラクな仕事じゃないのに、あなたにすすめてくるのは『安定した仕事』というよりは『公務員の子どもの親の私』がいいんでしょうね。

「早く家をでていけや」というものの1人暮らしは反対してくる

先ほども少し触れましたが、私の親の意味不明なポイントの1つに

「親に反抗するな、1人だちしてから1人前だ」

「お前は1人暮らしなんてできない、女は実家にいるべきだ」

という真逆の言葉がでてきたということです。

「こいつ私を否定して支配しておきたいんだな」とさすがに悟りました。

さすがにこのままサンドバックにされるわけにはいかなかったので、実家から脱出しました。

今でもこの発言たちは理解できません。

夫婦の仲が悪い

「子育ては両親が仲良くしているのが1番だ」

という言葉をきいたことがあるでしょうか?

私も本っっっっっっ当にそう思います。

親がケンカするのを見るのって本当は脳科学的にもアウトなんです。

ハーバード大学の研究では、暴力を直接ふるわれるより、夫婦のケンカを目撃する人の脳は20%縮むという研究結果がでています。

つまり私もあなたも恐らく脳がある程度普通の人より縮んでいる可能性が非常に高いです。

脳が縮むと人間はどうなってしまうのか?

それについては後日記事をアップしますので、少々お待ちください。

追記でリンクはりますね。

スポンサーリンク

今からできる!!毒親から脱出する前に私がやっててよかったこと5つ

さて毒親の代表的な発言と行動10についてはよく理解できたと思います。

次にそんな毒親から脱出した私が、脱出する前にやっておいてよかったことについてまとめました。

証拠を集めるために日記をかく

私の親はかなりひどいことをいうわりに、自分の発言を覚えていない人だったので悔しくて実家にいたときは日記にいわれたことやされたことを記録がわりにつけていました。

もちろんそのときの心境も書いて残していました。

これは今ふりかえると本当にしてよかった、と思っています。

なぜなら人間って意外と忘れてしまうものだからです。

今こうやってブログでかけているのも、されたことを日記に書いているからということが地味に生きています。

読むのはしんどいですけどね!

たまに「ああ…私って親にひどい態度をとってなんて嫌なヤツなんだ…」と罪悪感が襲ってくるときに日記をよみかえすと立ち直りが早かったりします。

『そうだ!こんなことをされたんだ!もう過去と同じあやまちはしない!!』

と考え直したりするのに使えます。

あと私はたまに母から手紙が届いていたのですが、それもいくつかとってあります。

ある日夫にそれを読んでもらったら「大変だったね……」といわれて少し救われました。

証拠を残すのは超大事です!

貯金をする

もしできるなら、あなたができる限り貯金をすることをオススメします。

なぜなら今すぐ1人暮らしができるとはいいませんが、その貯金があとであなたの生活を大きくかえることになるかもしれないからです。

私も実家から脱出することをきめたときは、極力出費をおさえていました。

その我慢があったからこそ実家から脱出できたと思っています。

まあー、今考えるともっと色んな方法もあったのでは?と思わなくもないですが(-.-;)

1人暮らしを始めるためにネットで少しずつ情報を集める

1人暮らしがしたい、と少しでも思っているなら情報を集めましょう。

この記事を読んでいるということはスマホやPCをおもちだと思います。

私は毎日少しずつでも情報を集めて、ノートにまとめていました。

情報は割とみつかるのですがみつけておわりにしないで、整理しておくと見返しやすいですよ。

毒親サバイバーの人の情報を探す

毒親サバイバーというのは、私のような毒親から脱出して生き残っている人のことをいうようでして最近耳にした単語です。

軽い気晴らしになると思うのでぜひいろいろ探してみてください

あなたと同じように毒親で苦しんでいる人は見えないだけでたくさんいます。

そういった人の実家脱出レポも役にたつと思いますので、さがしてみるといいですよ。

ちなみに私がオススメしているのは、

↑↑このマンガは毒親から脱出する過程を詳しくかかれていますので、あなたも絶対参考になります。

個人的に私が「うちの母が毒でして。」で参考になったポイントは、

・毒親のことを警察に相談した

・どうやったら毒親に探されないかについて詳細なレポ

です。

私は色んな毒親のマンガや本は読んできましたが、警察に相談する人は初めてみました。

「うちの母が毒でして。」にはあなたがスムーズに毒親から離れるときにおさえておきたい情報がつまっています。

内容も面白いので個人的にオススメします。

もし何もしたくない、と絶望するなら本を読みましょう

もし何もしたくない、とあなたが投げやりな気持ちになっているとしたらまずネカフェでもいいので親から離れましょう。

マンガをよんだりして自分だけの時間を過ごして、気持ちが少しでもラクになるようにしましょう。

気力がある程度戻ったら、読書をしてみませんか?

別の記事になりますが、親に困っている人にオススメしたい本をまとめた記事を書いていますので参考にしてください。

「親から離れたい」としんどくなったら当サイト『毒親バイバイ!』にぜひきてくださいね。

私はこれからもこのブログで毒親に苦しめられてる人が役にたつような情報をまとめていきたいと考えています。

だからしんどくなったらまたこのブログー毒親バイバイーにきてください。

一線を超えるまえに、すこしでもあなたが前に向けるように、幸せになれるように、そう思って記事をこれからもまとめていきます。

まとめ

この記事では社会人になっても毒親に苦しめられているあなたへ、以下の2つの情報を解説しました。

社会人になってもあなたを苦しめる毒親の代表的な発言と行動10こまとめ

毒親から脱出する前に私がやっててよかったこと5つ

私もかつては親に苦しめられていました。

脱出するのは準備が大変でしたし、心が何回も折れてしまいました。

でも諦めることはしなくて本当によかったと今ふりかえると思います。

もしあなたが毒親から脱出したいと少しでも考えているなら以下の情報も参考にしてみてください

最後になりましたが、これだけは言わせてください。

まだあなたの人生は終わっていません。

人生を1日で例えるなら20代は午前7時、まだどこにもでかけていない時間です。

どこにでかけるのかはあなたがこれから決めていくことです。

私もいます、ぜったいあきらめないでください。