毒親対策

はやく知りたかった!これが7つの毒親の生態と特徴だ!!

「うちの親っていわゆる毒親かもしれない…」

こんな疑惑が胸をかすめていませんか?

いやもしかしたらあなたは、ほぼ「毒親だ」と確信に近いなにかを感じとっているかもしれませんね。

おめとうございます!その直感は正しいです。

おそらく毒親、ではなく、あなたの親は十中八九”毒親”です。

でなければこの記事にたどり着くワケがあるはずがないんです。

「いやいや全くおめでとうじゃないでしょ!」

というあなたの声が聞こえてきます。

まったくそのとおりです。

すみません、たしかに自分の親が毒親だなんてまったく嬉しいことではありませんよね。

でもあなたは自分の親が毒親だ、と感じていますよね。

そこでこの記事では、「毒親の生態と特徴を7つ」について解説しています。

この記事をよんでぜひあなたの根拠のない確信を根拠のある確信にかえてください。

そしてあなたに「毒親からの脱出」を少しでも考えてほしいのです。

「いやいやまってまだうちの親が毒親かなんてわからないし!」

いや~そのとおり!

まず脱出をする前にあなたの親が毒親かどうか判断する必要がありますよね?

またこの記事の最後には、【毒親育ちの人はどうやって毒親から脱出しているのか】についてまとめています。

親のことで悩んでいるなら絶対に知っていて損はしない情報だけをまとめました。

あなたの親が毒親かどうか決めるのは世界のなかでも子どもであるあなただけです。

というわけで、かつて毒親のもとから脱出した私・タチカワと一緒に毒親の生態と特徴を勉強していきましょう!

※この記事では、父親・母親の表記は使わずにまとめて『親』と表記しています。ご自身の場合に合わせて解釈してくださいね。※

毒親の生態と特徴7つについて解説!

まずはあなたの親がどうだったか想像しながら読んでください。

罪悪感で親の思い通りにコントロールしてくる

あなたは罪悪感をつかって自分のやりたいことをねじまげられたことはありませんか?

例えば

▼「誰のおかげで大学にいけたと思ってるんだ!!」といわれ親が許す範囲の会社しかいけない

▼親の言葉に少しでも言い返すと「親のいうことがきけないのか!こっちはこんなに心配してるのに!親不孝者め!」といわれる

※成人に向けての発言です。

(いやいや、大学と会社は違う話でしょ!)

(少しでも言い返すとすぐ親不孝って…そしたらこの世界は親不孝者でいっぱいだよ!)

とは思うものの、このままだと親がギャンギャンわめくのが永遠に続くので仕方なくおれたこともあるのでは?

しんどいですよね。

実は「罪悪感であなたの行動をコントロールしている」という特徴は、1番毒親の特徴です。

この特徴は最近のロンドン大学の研究で毒親によくみられる行動だということがわかっています。

詳しくは下の記事の先で説明しています。

興味のある方はぜひよんでみてください。

自分に注目を集めたがる

いわゆる「私って優秀でしょ?みてみて!」という自己アピールをいい大人なのにしてしまう親のことです。

たとえば子どもの誕生日なのに、わざわざ

「あなたは昔、いつもおもらししてたよね。本当にみっともなかったわ!」

とかわざわざ誕生日にいわなくてもいい発言をしたりします。

注目を集めたがってる親は自分が大好きなタイプ。

なんでも自分が1番でないと気が済まないのです。

だから身近にいる弱い存在であるあなたを踏み台にしてより目立とうとするのです。

また自分に注目をあげたがる親は、親自身の不幸すらもあなたのせいにしがちです。

「私がキャリアをあきらめたから、お前を育てられるんだ!」

「今の生活が厳しいのはお前のせいだ!!」

子どもをうむのを決めたのはあなたではなく親ですし。

仕事をあきらめたのは親自身の選択ですからね。

責任のすりかえが病的にうまいのも特徴の1つです。

思わず親のいいぶんに圧倒されたことがあるのでは?

でもよーく考えるとぜんっぜん関係ないんですけどね。

仮に反論できたとしても勢いで乗り切られるのがオチです。

なぜならなーんも考えていないんですから。

その口のうまさと勢い、もっと違うところで発揮したらいいのにな~って思います。

こういった親をもった人がおちいりやすい思考のワナについて下の記事の先でもまとめていますので、あわせてごらんくださいね。

過干渉

「うちの親って過干渉だな~…」と感じることはありませんか?

例えば

▼親に全部今日どこにいくかを事前に報告させられる。しないと鬼電か家に帰ってから暴言が待っている。

▼親のチェックがないと就職先を自由に決められなかった。

▼「彼氏をはやくつくれ!」とせかしていたのに、いざ彼氏ができると大泣きして「別れないなら家をでていけ!」と命令してきた。

過干渉って突っぱねられたらいいんですけど、突っぱねると

「あんたを思っていったのに!ヨヨヨヨ」

「親に向かってなんて口答えをするんだ!」

とブチ切れられて最初の目的が達成できなくなってしまうのがやっかいなんですよね~

あなたがしたいことを親は妨害して自分の思い通りに動かしたいだけなので、そりゃそうなんですけどね。

過干渉も「あなたの罪悪感を利用してコントロール」をしているので、立派な毒親ですよ。

また最近の研究で過干渉をうけた子どもは脳が縮み生きづらさを抱えやすくなる、という研究結果がでています。

関心がない

あなたに関心がないのも立派な毒親ですよ。

最近の言葉でいうとネグレクトというものです。

関心がない親の例は次の通りです。

▼家事を一切しないであなたに押しつける

▼褒めない、そもそも会話もしない

▼心配をしない

また個人的にはこの例以外にも関心のない親は下のような例があると思います。

タチカワが考える関心がない親

▼結局は親自身が”面倒だから”と理不尽なことで怒られて、従わされる。

▼全部親のおかげなので、あなたの意思は関係ないしきいてない。

正直、毒親って自分のことしか考えられないから子どもである私たちがふりまわされるんだよなあって感じます。

いつまでだっても自立できない親というか、私たちが毒のはけ口にされているんですよね。

都合のいいときだけ、「世話してやってる!」というんです。

仮にあなたが自立したとしても、今度は「世話してやったろ!」といってきますよ~!

子どもだったんだからそりゃそうだろ!って感じですよね。

暴力

「ついカッとなって殴ってしまった…」

暴力で子どもを追い詰めた親がよくニュースでいう言い訳です。

たぶんこの人たちの”つい”って毎日やってるってことなんだろうな~って思います。

人を殴るなんてめちゃくちゃ痛いことなのによくできますよね。

昔は私もよく殴られたりどつかれたりしましたよ。

殴っていうことなんてきくわけがないですよ、むしろ不信感しかわきません。

もし暴力をふるわれている人がいたら、すぐに公的機関に相談してください。

「(都道府県名) 親からの暴力」と検索すると、ある程度の公的機関の電話番号がでてくるはずです。

もちろん暴力は絶対にやってはいけないことです。

今すぐにでも相談してください。

実は暴力よりも脳に悪影響を及ぼす毒親の行動が2つあるのを知っていますか?

それが次の2つです。

感情にまかせた暴言

あなたは感情にまかせた暴言を60秒以上親にされたことがありますか?

例えば

「あんたなんかうまなきゃよかった!」

「私の子じゃない!」

も立派な暴言ですよ。

ちなみに私はあります。

ずっっとネチネチと恫喝というのか親が気に食わなかったことを大声で叫ばれました。

今でも思い出すと動悸がします。

社会人になっても親の怒り方は変わりませんでした。

親を怒らせるのが怖くて学生の間はよく親のご機嫌取りをしてましたね。

たぶん親本人にいわせると自覚はないんでしょうが(苦笑)

それでムリをして体調不良になってまた嫌味をいわれるんで、本当によくないループに入ってましたよ。

自分の意見に自信をもてないビクビクした大人になってしまったものです。

暴言をずっといわれるとメンタルも病みますし、何より「自分の価値がない」という罪悪感で何も動く気がしなくなります。

また感情にまかせた暴言をされればされるほど、脳の一部が変形してしまうことが福井大学の友田教授の研究からわかっています。

実は直接手を出す暴力より、感情に任せた暴言のほうが脳が変形することがわかっています。

脳が変形するとコミュニケーション能力の低下や、自己肯定感の低下、無気力、非行にはしる、など悪影響が大人になってでてきます。

詳しい内容については下の記事を参考にしてください。

夫婦ゲンカをみたことがある

あなたは両親のケンカを目の前でみたことがありますか?

実は両親のケンカをみたことがあればあるほど、脳が変形してしまうことが先ほど紹介した福井大学の友田教授の研究からわかりました。

両親のケンカをみると脳のなかでも視覚野という部分が普通の人より小さくなります。

視覚野は視覚だけでなく、記憶力やコミュニケーション能力に影響してくる部分です。

またハーバード大学の女子大学生を対象にした研究によると、幼いころに目の前で夫婦ゲンカを目撃して育った学生は、IQ(知能指数)と記憶力の平均点が低いという研究があります。

暴力よりも夫婦ゲンカを目撃するだけで脳が変形するだなんて意外ですよね。

夫婦の仲が悪いと家庭内の雰囲気も悪くなりますし、いづらさを感じますよね。

「私とお父さんどっちが正しいと思う?!」と同意を求められたり、

「お父さんなんて大嫌い!」と母親から父親へのグチを聞かされたり…

いやいやこっちとしては仲良くしててほしいよ!って感じですよね。

トドメに母親の

「子どもがいなかったらとっくに離婚してるわ!」

というセリフは強烈に私達を罪悪感をもたせますよね。

(私がいなかったらお母さんはもっと幸せになれたのに…)

こうやって罪悪感のループに入っていきます。

でも結局離婚しないんですよ。

いったい私ってなんなんだって思いますよね。

スポンサーリンク

あなたの親は毒親でしたか?

7つの毒親の生態と特徴は、あなたの親にあてはまりましたか?

あなたが感じた感覚で判断して大丈夫です

上の毒親の生態と特徴を7つ紹介しましたが、あなたの親はどうでしたか?

それでもあなたは主観で親が毒親かどうか判断できかねていると思います。

私があなたに伝えたいのは

あなたが感じたもので判断して大丈夫

ということです。

私たちのような人は人から褒められても自分の感覚を信じない人が多いので、あえていわせてもらいます。

「誰かに『あなたが正しい』といってほしい」かもしれません。

でも毒親関係の話題って誰も、あなたが正しい、っていってくれないんですよ。

もう毒親から離れて5年経ちますが、いまだに私が正しいと人からいわれたことはありません。

ただ1人夫だけが味方です。

もちろん書籍などでは毒親育ちの人は『離れてよかった!』といっています。

でも面と向かって私にいっているわけではないので、実感としては薄いのです。

私最近になってやっと思ったのですが、

タチカワ
タチカワ

私はやることさえやっていれば、法律を違反しなければ、私は自分の思う通りに生きていいんだと。

タチカワ
タチカワ

私の人生の苦しさは私にしかわからない。だから他人に同意を求めても、私が満足する答えは永遠にやってこない

このことに気づきました。

もしかしたら親の問題ってどれが正しいとか悪いとかではなく、『わからない』ことなんです。

あなたがどっちを選ぶかなんです。

このまま親に嫌な思いをさせられて一生親のことを恨んで生きていく人生か、

親の元から脱出して大変だけど自分の思う通りに生きていく人生か。

「そんなに簡単に選べない…」

まあ確かに!

いきなりこんな極端な選択肢をだされてもびっくりしますよね。

そこで次に私たちと同じような境遇の人はどんな方法で親から離れたのか、方法についてまとめましたのでこのままごらんください。

毒親育ちの人はどうやって脱出しているの?

様々な毒親体験の本から、その人がどういうふうに脱出したのかまとめました。

はっきり語っていない不明の人だ1番多かったです。

次に1人暮らしで脱出された人が多かったのですが、1人暮らしといってもいろんな人がいました。

私のように社会にでてからお金を貯めて家を出る人、大学入学時に1人暮らしをした人、恋人のところにころがりこんだ人、色々いました。

ただ皆さんいうのが「1人暮らしして目がさめた」といっていましたね…

かくいう私もその1人です。

お前なんか1人暮らしはできない!ってあれほどいってたくせにあっさりできちゃいました。

親のいってること嘘じゃん!と思いました(;´∀`)

より詳細はこちら↓↓の記事にまとめていますので、ぜひあわせてよんでみてください。

スポンサーリンク

少しでも「親から離れたい」と思ったら

この記事を読んで「やっぱり親とは離れたい」と思いましたか?

そもそもの話、人間はいつか親から自立していくものです。

親はどうしたってあなたより先にいなくなるのですから。

なかには親とべったりしていたい人もいるようですが、それは親との相性がよかったのでしょう。

親とべったりできる人って親とその人の性格にもよりますよね。

普通の人だって1人暮らしをしたい!っていうんですから、1人暮らしをしたいと思うのはまったく不思議な話ではありませんよね。

あなたが1人暮らしをしたい!っていう感情はなんらおかしくない気持ちですよ。

まずはあなたがあなたのやりたい気持ちを大事にすることから始めましょう。

そんな少しでも1人暮らしに興味をもったらあなたのための情報をまとめましたので、以下の記事も読んでみてください。

まとめ

この記事では自分の親が毒親かどうかわからないあなたのために以下の情報をまとめています。

▼毒親の生態と特徴7つについて解説!
▼あなたの親は毒親でしたか?
▼毒親育ちの人はどうやって脱出しているの?

最後の【少しでも「親から離れたい」と思ったら】だけでもよんでみてくださいね。

毎日親の言動にふりまわされるのは、いやですよね。

あなたはもう何回も親にされたことを許してきたと思います。

▼進路や就職に干渉されても

▼「あんたなんか私の子じゃない」と言われても

▼ぜんぶはあなたのため、と言われても

あなたはよく我慢してきました。

これらも立派な毒親の特徴ですよ。

親に何をされようとも全部親の思いどおりに動かされるような感じ、ほんっとうに嫌ですよね。

ぜひこの記事をじっくり読んであなたの親が毒親かどうか見極めてください。

そしてあなたの人生をもうこれ以上親に侵食されないように、手をうっていきましょう。

私もできました、だからあなたにだってできます。

他にも親から心を守るための記事をのせているので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

私の毒親脱出記はこちらです↓↓