護心術

母親から「お前なんか産まなきゃよかった」といわれた子がアラサーになって思うこと

「あんたなんかうまなきゃよかった」

いつだったか、たたきつけられるように母親からこのセリフを言われたことを今でも覚えています。

母親はそのとき怒りながら泣いていたような気がします。

私はただショックで何もそのときに言葉にできませんでした。

ただこう思いました。

「うまれたくてうまれたんじゃねーよ」

でもその言葉が浮かんだとき、自分で考えたくせにとても虚しかったし立つのもやっとだったのを覚えています。

私はもともと否定される言葉を日常的に言われながら育ったので、「うまなきゃよかった」という発言以外にも傷ついた言葉はたくさんあります。

話は脱線しますが、最近こういった弱者である子どもへの不適切なかかわり方のことを英語でマルトリーメント、ということを初めてしりました。

このマルトリーメントとは具体的にいうと、言葉による脅し、威嚇、罵倒、もしくは無視する放っておくなどの行為のほか、子どもの前で繰り広げられる激しい夫婦げんかのことをささします。

子どもの脳を傷つける親たち (NHK出版新書 523) より抜粋)

 

全部にあてはまる、と読んだときは思わずため息をつきました。

話を戻しますが、この「うまなきゃよかった」という発言は特に1番大きな爆弾のように私の心に落ちてきて今でも深い穴が心に空け、それだけ決定的なものでした。

今は「うまなきゃよかった」という言葉はこの世界で1番人間を否定する最上級の言葉だと思っています。

でも私の場合それに気づくのにはだいぶ時間がかかりました。

気づいたとき私はアラサーになりました。

まだ100%自分を好きにはなっていないけれど、「うまなきゃよかった」という言葉を吐かれた私がアラサーになり、その区切りとして今のこの私の考えをこの記事に書いていきたいと思いました。

いつまでも母親の発言に振り回されるのはもううんざり。

もう私もいい大人になりましたし。

前に進むためにもここで書いていきたいと思います。

タチカワ
タチカワ
ちなみに私の家族構成は、祖父母・父母・私・弟です

私に「うまなきゃよかった」という母親のことについて

まずこれだけだと私の母親が鬼のような人に感じてしまうので、母親がそこまでの発言にいたった経緯をかんたんに説明します。

決して母親をかばうわけではありませんが、母親がこうなってしまったのは環境のせいでもあったと思います。

自分の価値観が大正義な母親

母親は昔からよくもわるくも自分の価値観がすべての人でした。

女は高卒で働くもの、女はスカートをはくもの、女は母親を支えるもの…

これが母親の口癖。

母親は自分のやっていることが何よりも正しいと信じて疑わず、それによって矛盾がでても

「私のせいなんだ」

「あのひとが悪い」

と自らを追い込む&他人を責めることによって物事の帳尻をあわせていた人でした。

それじゃあ現状はよくなりませんし、ストレスだってたまります。

今ならこの状態を認知的不協和という状態からのストレスの逃避だと理解できるのですが、小さかった私にはまったくわかるわけもありません。

認知的不協和について知りたい方はコチラの記事がオススメ↓↓

世間体を気にする母親

母親によると私の父との結婚は「騙された」とのこと。

私が生まれたのが平成初期なので、そのころは女性は20代前半には結婚相手を見つけるのが当たり前の時代でしたね。

母が結婚したのは当時にしては遅い28歳ごろ。

おそらく結婚相手がおらず焦っていたんだろうな、とアラサーになった今思います。

今ですらアラフォーになっても結婚できないと嘆く女性は多い風潮なのに、平成諸年代の雰囲気はさぞかしヤバかったでしょう。

だから売れ残りだといわれるのが嫌で結婚したのでしょうが、それが騙されたという表現なのが子どもにとってはしんどかったです。

それで世間体で結婚して子どもを作って、その子どもに生まなきゃよかったなんて普通いうもんなんでしょうかね?

孫の私からみても母親にきつい姑

母の「騙された」結婚というのはどういう意味かというと、いろいろあると娘の私は感じています。

なぜならば私の父親との結婚は、娘の私ですらも母の立場だったら絶対に結婚したくない、と思う条件だったし、おそらく今のご時世なら離婚したような状態でした。

その大きな1つの原因が私の祖母である姑。

まさに、典型的な毒母の祖母だったと思います。

実の叔母(父の妹)でさえめったに私の実家には寄り付かないぐらい典型的な毒祖母でした。

そんな祖母が姑なのだから母親に対してどうしても風当たりがつよくなります。

今ふりかえるとなぜ離婚しなかったのか、というようなこともありました。

でもそのたびに

「おまえと弟がいるせいで離婚ができない」

とそっと泣かれたのがとても胸を針で縫い付けられたような辛い記憶になっています。

我慢しろ、という保守的な父親

これも毒親をもつ家にはあるあるですが、父親は子どもに興味をもたない人でした。

たまに遊んでくれるものの、しょせんそれはいい父親ぶりたいだけであることは子どもながらに見抜いていたので、私も弟もなつきませんでした。

こちらに知恵がついて口で負かせるようになると、「親に口答えするな」とげんこつで黙らせる父親。

母親が祖母とケンカをしても、

「仕事で疲れてるんだから、その話はやめろ」

と母親を黙らせ大きなため息をついて母親を大事にしていない父親でした。

でもそれを母親は

「お父さんは仕事が忙しいんだからしょうがない」

とよく自分に言い聞かせるようにいっていたのを覚えています。

そして母親のストレスがどこに向くかというと、私でした。

母親の都合のいいカウンセラーに私は気がついたらなっていたのです。

正社員で働く母

令和に元号が変わった最近はまったく珍しくなくなったが、私の母親は正社員でずっと働いていました。

家には母親はおらず祖父母がかわりに私を育てていました。

母親はこれが何よりの後悔になっているようです。

「もっとあなたと弟を育てたかった」

といっていることがありました。

でもきっとパートで働いていようと私の話をきいてくれなかったと思うから、結局あまり変わらなかったと思います。

ただ正社員で働け、というのが私の祖母の命令だったらしいのでこの事情だけはかわいそうだなあと感じてはいます。

以上の条件から私の母親がそもそも子どもを持つのはしんどいことになることはわかっていた

以上の説明してきた家庭の様子から現代では離婚案件になります。

でも母親は世間体を気にする人だったのでとてもじゃないが離婚まで踏み切れなかったのでしょう。

しかしそれを「お前がいたからだ」と子どもに責任転嫁してはいけないと今なら言えます。

でも世話はきちんとしてくれた

くそみそに母親と父親のことを書いてきたが、一応2人は最低限の世話はしていました。

と一応書いておきます。

たまに旅行につれていってくれたし(ただし父母がケンカするのがしょっちゅう)、

熱がでたりすると病院につれていってくれたし、最低限のことはしてくれたと思う。

だからこそ私が変なんだ、親が正しいんだ、と思い込むようになってしまったのですが。

それが発見が遅れた原因でもあります。

でも今考えると最低限の世話というのはまさに最低限の世話なので、家族愛がわいてくるレベルではありませんでした。

家族愛とは相手と信頼という道を通って水のようにたまっていくものだと私は考えています。

信頼がないのに家族愛なんて深まるわけもありません。

旅行につれていってもらったり、世話をしてもらったり、それは感謝しています。

それなのになぜ信頼が育たないのかというと、それは私が父や母の望むような子ではなかったのです。

スポンサーリンク

母の望むような子ではなかった私

残念ながら私は母の望むような子ではありませんでした。

というより私が変人すぎたせいだと思うので、まとめました。

女の子らしいものが嫌いな私

これが1番母をがっかりさせたと思います。

私は小さい頃はスカートが大嫌い。

というよりタイツが大嫌いでした。

タイツが足にまとわりつく感覚がすごく気持ち悪かったので、大泣きして嫌がっていました。

つまりスカートをはくとタイツをはかないといけない、スカートが嫌い!となりました。

これがおおいに母親をがっかりさせました。

でもいま振り返るとあの反応こそが、私が最近耳にするようになった敏感な人(HSP)であることの証明だったかもしれないなと思っています。

あと化粧も大嫌い、でもこれは1番最初にみた化粧の例があまりよくなかったせいだと思います。

祖母が化粧している姿をよくみていましたが、祖母はお世辞にも化粧がうまいといえない人でした。

リアルな描写をすると(ここは飛ばしてもいい)

・顔中の毛穴に黒ずんだ汚れ

・パーソナルカラーに似合わない口紅の色(これはしょうがないとは思うが)

これが私の視界いっぱいに広がり、化粧がとても不快なものとして思い込むきっかけになった。(集合体のなかに唇が浮いているイメージです)

特に印象に残っているのは七五三。

もう気持ち悪い思い出です。

それをしらない母親は、スカートを嫌がり化粧も嫌がる私は

「女の子らしくない」

と何度も呆れていました。

ここでは色んな意味でかけないが私のトラウマになっている「女の下着事件」についていつか話せる機会がきたらいいと思います。

とにかく私は父母が望んでいる子ではなかったと感じ自己嫌悪をすることになっていきます。

「私のことが嫌いだから私を信じてくれるはずがない」

今でも強く思っています。

考え方が保守的な親と興味をもったらやってみる私

父母があまりにも固まった考え方をするせいで、なんでもやってみたくなる私ができたのか、もともと私が好奇心旺盛だったのかはそれはわかりません。

私は好奇心が強い人間だと気づいたのは大学生になってからですが、そんな私を父母によく思われていないのは中学生になることにはなんとなく感づいていました。

小学生までは父母のいうことに不満を抱えながらも従っていたが、中学生になると自我の目覚めというやつで、父母への違和感をようやくはっきりと気づくことができた。

そもそも中学生のとき気づいたきっかけは2つあった。

・英語部だった私を無理やり途中入部で吹奏楽部にいれたり(これが原因で軽いいじめにあった)

・高校の進路への口出し(1年生のとき半年は友達がいなかった)

この2つがきっかけで父母にたいする疑いがわきました。

「部活をやることがエラいの?」

「頭のいい学校にいくのがいいことなの?」

皮肉ではありますが、この経験が今の私のもとになっています。

父母には猛反対されましたが、奨学金を借りて大学にいくと周りの友達がとてもおもしろい人ばかりで抑えていた好奇心がムクムクと湧き出していろんなことにトライしてみた。

在学中は普通の人が当たり前にできることを中心に。

・大学に残るギリギリの時間まで残っていたり

・色んなものを食べたり

・本を読みまくったり

バイトで稼いだお金を元手にとにかくできなかったこと自由にしていました。

怒られましたが家に帰らない日もありました。

大学卒業後は

・東京で就職した

・自分のお金で声優の学校にいった

・1人暮らしをした

保守的な家族にはありえないようなことをしまくりました。

だから父母からため息をつかれることはしょっちゅうありましたね。

「なんでこの子はこんななんだろう?」と。

まあそれ弟にもよくいってたけどね。(弟の話はいつかまた機会があれば。)

アラサーになってふりかえる

総括して、今の私がいえることについてまとめた。

アラサーになっていろいろ経験したからこそやっといえることでもあります。

生まなきゃよかったというセリフはこの世界でもっともいってはいけない言葉。

ここではっきりさせておきたいのですが。

生まなきゃよかったというセリフは人に対してこの世界でもっともいってはいけない言葉です。

謝られても許す必要はありません。

私も許す気はありません。

「うまなきゃよかったんでしょ?」

と言い返してやるぐらいの気持ちで生きましょう。

もし言われたらそんな人間のそばにいる必要はない

そんな人間のそばにいる価値はまったくない、それは私が断言します。

そもそも親だから許すというのがおかしいのです。

友達にひどいことをいわれたら最終的には縁を切りますよね。

親は親である前に人間なのです。

人間は間違いを犯す、でもそれを親だから許すというのは違います。

私なりにだした結論。

私なりに母親と(父親と)色々あって「うまなきゃよかった」といわれた結論としては

しるか!!!!( ゚д゚ )クワッ!!

お前の理想の子育てができなかったのは自分のせいだろ!

それを他人のせいにするな!

というのが結論ですね。

そもそも親の理想の子育てって無理ゲーではないのかな、と考えています。

かわいらしい女の子、親のいうことをなんでも聞く女の子、親の面倒をみて、いつもにこにこして、化粧が好きで、スカート大好きで…

……その前にそういう親ができるのか?

と思うようになりました。

親が理想とする子どもが生まれなかっただけだ、とようやくここで思えるようになれました。

もっともこうやって思えるようになるまでだいぶ時間がかかったので、あなたは無理する必要はありませんよ。

ただ次のようなことははっきりといえます。

母親から父親から離れてちょー!!しあわせ!!!!

ほんんっとうにいいたいのはあの家から親から離れて私が今めちゃくちゃ幸せだっていうことです。

たまに過去に言われたことを思い出すけど今めっちゃ幸せです。

もちろん夫がいるおかげではあるけど、毎日ケンカしたりする環境が当たり前だったからこんなのんびりした生活を他の人は送ってるんだと思うと正直すっごい驚きました。

スポンサーリンク

余談:母親から届く呪いの手紙を無視する日々だった

1人暮らしをしているとたまに母親から手紙が届いて私を説教するような内容が多かったです。

内容があまりにすごいので途中からあまり読まなくなりました。

自分の記憶をうまく改ざんしてしまう母親なので、証拠に2,3通はとってあります。

あるときその手紙を夫に見せてみると

「これ、きっついね」

と渋い顔をしていたので、他人からみても毒満載の手紙だったようです。

一応まだとってあるが二度と目を通したくないな、と思います。

結婚したら夫が注意してくれたのでもう二度と手紙がくることはありません。

まあそれもいつまでもつかはわかりませんが、世間体を気にする母親なのでまだしばらくは大丈夫そうです。

夫には生活面や精神面でもめちゃくちゃ支えてもらっていますが、私の親から守ってもらう壁のような存在です。

本当に感謝をしています。

さいごに

母親から「お前なんかうまなきゃよかった」といわれた子がアラサーになって一度振り返ってみて心境をまとめました。

今ふりかえると本当に私の母親が子どもを育てるのはしんどい状況にあったんだな、っていうのはよくわかります。

ですがストレス解消のサンドバックにしないでほしかったです。

私は幸いげんこつ程度のものしかありませんでしたが、言葉での暴力はとてもひどかったと思います。

だから大人になった今でも絶対に許すことができていません。

世話をしてくれたことには感謝はしていますが、それ以外のことは絶対に子どもに対してしてはいけなかったと思っています。

世話をするから、といって人を傷つけていいことにはなりませんよね。

もしこの記事をみて親から離れたいと思っている方がいましたら、早く離れてください。

親はいつかわかってくれるなんてことはありません。

悲しいですがあなたを否定することで自分の存在を感じている人なのです。

そんな人からはあなたが離れるしかありません。

この記事を読んであなたが少しでもそれに気づいてくれればとても嬉しいです。

あなたが親から離れたいと思うならまず読むべき記事をまとめました↓↓

私の体験談をまとめた記事はこちらです↓↓